暇な医学生の戯言

医学生が、医学部事情から男女関係まで様々なテーマについて語るブログ Twitterフォロワー8000人突破

「12人のしにたいこどもたち」が人生ワースト映画を更新したかもしれない

f:id:gatigatitv:20190224133625j:plain

自分は邦画が大嫌いで、自らの意志で邦画を見ることがほとんどない。

 

www.himadr.com

 

先日、付き合いで「12人のしにたいこどもたち」という映画を見たのだがマジでつまらなかった。

人生のワースト映画を更新したので、紹介しようと思う。

 

ちなみに人生のワースト映画は邦画だと「デビルマン」、洋画だと「運命のボタン」。

これらはストーリーが意味不明という意味でワースト映画になっていたのだが、今回の

「12人のしにたいこどもたち」はストーリーを理解した上で最もつまらない映画になってしまった。

 

あらすじ

 それぞれの理由で安楽死を望み、廃病院の密室に集まった12人の少年少女は、そこで死体を見つける。死体が何者で自殺なのか他殺なのか、集まった12人の中に殺人犯がいるのか。やがて、12人の死にたい理由が明らかになっていく。

 

 

ここからネタバレ有りなので注意。

 

簡単にあらすじをまとめると

集団自殺のために廃病院に12人の若者が集まる。

謎の13人目の死体があり、それを解決しないと自殺はできないと言い出すやつが出てきくる。

13人目がどうやって連れてこられたかをひたすら謎解き(笑)

13人目は参加者の一人の兄でした。(しかも生きてた)

生きる意味を見つけた!みんな健全解散しよう!

おわり。

 

以下つまらない理由を解説していきます。

・タイトル詐欺

・決議が謎の全会一致方式

・死ぬ理由が意味不明すぎる

・キャラが多すぎる

・ミステリー・推理部分がどうでもいい

・肝心のトリックが稚拙

・ハッピーエンドなのかよくわからない結末

・自殺者を愚弄してるとしか思えないストーリー

 

 ・タイトル詐欺

まずこれ。

結論から言うと、誰も死ぬ気ないし死なない。

橋本環奈が出ている時点で察するべきだった。

 

・決議が謎の全会一致方式

まずこれが意味不明。

この集団自殺の会とやらでは、何かを決めるにあたって決議を取るという謎のシステムを採用している。

しかもその決議は一人が反対すれば、無効になるという謎の国連安保理スタイル。

常任理事国かよ。

そのために集団自殺のために集まったはずなのに、一人の反対によって実行できずにダラダラ意味不明な話し合いを延々としている。

いや、自殺するために集まったんだからさっさと実行しろよ。何馴れ合ってんの?という感じ。

普通自殺したくないとかいう奴がいたら追い出して、残った奴らでやるよね?

それなのにこの会では話し合いと謎解きで解決するというお笑いストーリー。

 

ちなみに人狼ゲームやSAWといったデスゲーム映画にもそういったルールはあったりするのだが、これらは犯人によって理不尽にルールを強制されているものであり参加者が自らの意思で行っているものではない。

集団自殺をする予定なのに、一人の反対で他の11人も実行できないという謎のシステム。

いや、そもそも自殺する気ないなら帰れよ。

 

f:id:gatigatitv:20190224085017j:plain

わけのわからないシステムを序盤から見せられて、開始15分でもうつまらない映画なんだろうなと確信。

映画ってこういう論理矛盾見せられると、全く没入感ないんだよな。

 

・キャラが多すぎる

タイトルにもある通り、12人の登場人物が出る。(厳密には13人)

集団自殺という映画のテーマもあり、各登場人物の掘り下げが重要になるはずなのだが登場人物が多すぎるせいで広く浅く表面的な掘り下げしかできなくなっている。

通常のデスゲームものだと、徐々に登場人物が減っていくので後半は各登場人物の掘り下げが濃密になるのだが、この映画はダラダラと意味不明な話し合いをしているだけなので一向に登場人物が減らない。

そのため、各登場人物の掘り下げが1/12になっているため非常に薄っペらい。

 

また、その肝心のキャラもヤンキー、バカ女、メンヘラ、かまってちゃん、いじめられっ子といった典型的などの映画にも出てきそうなありきたりな人物ので非常につまらない。

 

ちなみに演技もろくなものじゃなかった。

橋本環奈も顔だけ。

・ミステリー・推理部分がどうでもいい

サスペンス・ミステリー物ということもあり、あらすじのみで他に事前情報を入れずに見に行った。

結局、謎の13人目の参加者は参加者の一人が連れてきた植物人間状態の兄(しかも死体と思われてたのに普通に生きてる)であるという至極どうでもいいオチ。

誰かが誰かを殺したわけでもなく、ひたすら13人目をどうやって持ち込んだのかというクソどうでもいい謎解きに延々と終始していた。

 

集団自殺を利用して殺人鬼が紛れ込んでたり、自分の殺人を隠蔽するのかなとか思ってたのにね。

・肝心のトリックが稚拙

はい。

コナン見ていたほうがマシなレベル。

・死ぬ理由が意味不明すぎる

先程キャラがありきたりといったが、自殺者を馬鹿にしてるのか?と思うくらい各登場人物の自殺理由が意味不明。

自殺する理由として唯一理解できたのは、余命が短いがん患者(?)だけであとは若者の知能を馬鹿にしてるのか?というレベル。

 

・自分の追っかけてたバンドのボーカルが自殺したから後追いする

・母親が自分に生命保険かけてて、いつか殺されるからその前に自殺する(生命保険かけて1年以内の自殺は生命保険がおりない)

・口唇ヘルペスにかかったから自殺する

・自分の生命保険で父親の会社を助けて父親に後悔させる

・4歳の頃に起きた火事に対していつまでも粘着してる女

・自分は大人によって作られた商品だから死ぬというアイドル女 

 

といった意味不明すぎる理由のオンパレード。

ちなみにこんな薄っぺらい理由なので、最終的にはみんなでキャッキャウフフしながら誰ひとり死ぬことなく健全解散している

映画の終盤に流れるこのキャッキャウフフのシーンは気持ち悪すぎて鳥肌モノなので一見の価値あり。

 

・ハッピーエンドなのかよくわからない結末

13人目がいるから集団自殺できない!という流れだったはずが、なぜか13人目の謎が解決すると解散の流れに。

当然国連安保理スタイルなので、全会一致じゃないと解散できないはずがなんと見事に全会一致で解散(笑)

「私達の死が伝説になって、死の概念を変えるのよ!」みたいなことを言ってた女もズケズケと賛成の挙手をする始末。

いやこいつら何のために集まったのまじ?

くだらない話し合いをした所で、日常生活の問題点はなんにも解決してねーぞ。

しかも、謎解きでそんなに改心する描写とかも全く見られなかったのに。

前述の通り、全会一致で解散が決まるとみんなキャッキャウフフしてじゃれ合う。

何こいつら?俺は何を見せられてるの?

 

ちなみに、解散後に主催者と死の概念を世間に広めるアピールの女が残って話し合う。

お?もしかしてこっからどんでん返しか?と思ったら、

・主催者はこの集団自殺の会を開催するのが三回目

・何故かいつも健全解散する

というどうでもいいストーリーに。

 

100歩譲って、集団自殺の人を改心させるために行ってるならわかるけど、「全会一致だったら僕も死ぬつもりだ」だとさ。死ぬ気なんかねえだろ。

 

ちなみに最後のセリフ

死の概念女「私は次回も参加するわ。絶対に死にたい女と絶対に死なせたくない主催者、どっちが勝つかしらね」

 

は?は?は?

なにこれ。

全会一致なんだからお前が最後に反対票出してれば終わらなかったじゃん。。。

 

・自殺者を愚弄してるとしか思えないストーリー

一番はこれかなあ。

自殺理由って健康問題が最多なんですよ。それも解決できないような。

悩みに悩み抜いてするわけで、半日くらいの話し合いで解決するくらいだったら自殺なんかしないわけで。

自殺者を馬鹿にしてるとしか思えないストーリー、ただただ不快でした。

 

 

終わり

とまあ、史上稀に見るクソ映画でした。

こんなものを見るくらいなら家で掃除とか選択していたほうがまだマシです。

映画代金をもらえるから見てくれと言われても見たくないレベル。

時間が有り余って仕方ない人は見に行ってもいいのでは。

 

追記

Yahoo映画レビューでどれだけ酷評されているんだろうと思ったらなんと★3.6(2/24現在)

マジか?みんな映画見たことあるのか?邦画ってこの程度でもこんなに高評価なのか?

カメラを止めるな!で見直した邦画に絶望したという話でした。

 

www.himadr.com

 

 

デスゲームものなら、

映画:SAW、SAW2

漫画:人狼ゲーム、カイジ、バトルロワイヤル

をおすすめします。