暇な医学生の戯言

医学生が、医学部事情から男女関係まで様々なテーマについて語るブログ

【受験生必見】医学生が教える!本当におすすめの医学部ランキング!

医学部選びに迷っている受験生は多いと思う。

ここでは偏差値や学閥といった大学生生活に直結しない情報は除外し、医学生目線で大学生活を楽しめる医学部をランキング形式で発表したいと思う。

自分の学力と相談して、できる限りランキング上位の医学部を狙って欲しい。

学力は個人の問題であり、いくらでも変えることができるからだ。

 

変えることのできる学力とは異なり、立地や進級難易度は変えようと思っても変えることは出来ない。

18~24才は人生で最も大事な時期の1つだ。この時期をどこで過ごすがが重要であることに異論はないだろう。

 

↓以下の記事にも書いたが、大学生活を左右するのは立地と進級難易度である。

www.himadr.com

 

しかし、立地と進級どちらも伴っていないと意味がない。

立地がよくても進級が厳しければ遊べないし、進級が緩くても田舎だったら遊ぶ場所がないからだ。

そこで、立地と進級に加えて国試合格ランキングを組み合わせて数値化したランキングを制作することにした。

国試合格を加えた理由として、国試合格率が低い大学は大学のカリキュラムがとんでもないことが多いからだ。

また予備校講師やチューターは、問題の相性と偏差値を見て志望校を決めているだけで受験生の6年間の学生生活など全く考えていない。

医学生目線でおすすめの医学部を教えようと思う。

 ※一般的に進級判定は厳しくなる方向にあり、厳しい教授が赴任すれば状況が一変することに注意したい

立地、進級、国試合格率を総合したランキングは以下の通り。(各ランクを数値化して処理してある)

f:id:gatigatitv:20180501234832p:plain

f:id:gatigatitv:20180501234850p:plain

※便宜上防衛医大は私立とした。

立地

 医学部生活のつまらなさは、同一コミュニティにしか属さない息苦しさからくるものが多い。

立地のよさによってそれが緩和される。

立地がよければ遊ぶ場所もあるし、違うコミュニティにも属せるからだ。

↓都内医学部なら、こんなブルジョアなサークルに属すことも可能。

 

 

評価方法

すべての大学の立地をGoogle Mapで調べ、大部分はストリートビューで確認し、主要駅へのアクセス時間まで調べた。

立地はSS、S、A、B、C、D、E、F、Gの9段階評価。

評価基準は以下の通り。

・大学の周りが栄えているか

・東京、大阪といった大都市へのアクセスがいいか

・車なしでも生活できるか(電車網が整っているか)

・気候がいいか(雪は大幅マイナス)

例えば横浜市立大学は大学周りは全く栄えていないが、横浜へのアクセスがいいのでBランクとした。

一方で 、大学周りは栄えているが大都市へのアクセスが悪い大学はランクが低くなっている。遊べば同級生と遭遇するような環境は立地がいいとは言えないからだ。

 

ランキングは以下の通り

f:id:gatigatitv:20180501225155p:plain

f:id:gatigatitv:20180501225208p:plain

 

 

 

進級

進級は言わずもがな、6年間の学生生活を左右する。

進級判定が厳しいと遊ぶ時間がなくなるし、留年する可能性も上がる。

留年すれば、友達はいなくなりメンタルに不調をきたす。

留年しなくても勉強漬けの毎日を送ることを強制されれば楽しい学生生活とは不縁となるからだ。

更に留年歴があると、マッチングと呼ばれる就活の際にも響く。生涯年収は減るはで百害あって一利なしだ。

↓留年しない方法は以下の記事を参照。

 

www.himadr.com

 

評価基準

進級難易度の評価としては、各大学の留年者数を元に判断した。

最も客観的な指標といえるからだ。

 

SS、S、A、B、C、D、Gの7段階で評価した。左のほうが進級しやすい。

Sの大学と、Gの大学に知り合いがいるが、誇張ではなく1年に数百時間、下手したら1年で700時間以上勉強する時間に差がある。

 

医学生はCBTと国試に通ることがまず第一なので進級に苦しむのはナンセンスなのだ。

参考にした情報ソース

f:id:gatigatitv:20180501230540p:plain

f:id:gatigatitv:20180501230819p:plain

 ↓進級難易度ランキングは以下の通り。

f:id:gatigatitv:20180501231120p:plain

f:id:gatigatitv:20180501231143p:plain

 

私見を述べると学力的にC以下の大学なら、1年浪人したほうがいいかもしれない。

留年する可能性が著しく高いし、それならランクの上の大学に行って進級に苦しまずに6年間過ごしたほうが精神衛生上もいいからだ。

 真の国試合格率

大学が発表している合格率ではなく、合格者数/出願数で算出した合格率を元にランキングを作った。

医師国家試験に受からなさそうな学生を6年で留年させて、国試を受験させないというのは一部の私立大学の常套手段だからだ。

 

上位の数%の差はあまりないので、数値化する際に差がつかないようにした。

逆に80%以下は明らかに、カリキュラム等に問題があるといえるので数値を低く設定した。

 

真の国試合格率ランキングは以下の通り。

f:id:gatigatitv:20180501232042j:plain

f:id:gatigatitv:20180501232053j:plain

f:id:gatigatitv:20180501232105j:plain

 

 

いかがだっただろうか。

 

なんと、ランキングのトップ3を私立御三家が独占した。

圧倒的な立地と、進級難易度の低さ、国試合格率の良さもあいまっての結果だ。

学費を払える余裕があるなら、国公立ではなく私立御三家を狙ってみるのもいいかもしれない。(私立御三家は国公立以上に超難関ですが・・・)